プロフィール

辛口系男子

Author:辛口系男子
●現在の愛車
【2015.9~】
 BMW 420i グランクーペ M Sport (2015年式)

●過去の愛車
【2013.12~2015.9】
 BMW 528i (2010年式)
【2013.2~2013.10】
 アテンザ セダン 25S L Package
 (2013年式)
【2009.12~2013.2】
 フーガ 370GT (2009年式)
【2005.9~2009.12】
 フーガ 350GT (2005年式)
【2002.3~2005.9】
 セドリック 250LV (2002年式)

目次、全記事一覧

 ・試乗記の目次

 ・全記事タイトル一覧を表示する

カテゴリ

俺様の関連リンク

PR



辛口クルマ批評
気になるニュースや、独自視点の辛口な試乗記などを掲載していきます





俺様の動画チャンネルはこちら!→「karakuchikei」

【最新記事】
(2014/06/07) ブログ移転(?)のお知らせ
(2014/06/06) 試乗記の目次を作りました
(2014/06/04) あのamazonが中古車販売を開始したが・・・
(2014/05/26) スカイラインに2リッターターボ追加!
(2014/05/10) 【試乗記】 ホンダ ヴェゼル X
(2014/05/05) 新型スカイラインのカックンブレーキに関する追加情報
(2014/05/03) 新型スカイラインのターボに俺様が期待すること
(2014/04/22) 痛烈なコメントもお楽しみ下さい
(2014/04/15) ブログが壊れました。。。
(2014/04/10) クルマを高く売る方法(本編 最終回)
(2014/04/09) クルマを高く売る方法(本編 その3)
(2014/04/08) クルマを高く売る方法(本編 その2)
(2014/04/07) クルマを高く売る方法(本編 その1)
(2014/04/06) クルマを高く売る方法(予告編)
(2014/04/02) オートックワンの自動車ニュースに掲載されました
(2014/03/26) 俺様のレポートが審査を突破したよ!
(2014/03/20) カーソムリエ検定試験に合格したよ!
(2014/03/18) 【試乗記】 ランドローバー レンジローバー イヴォーク Prestige
(2014/03/13) 今後の試乗予定について
(2014/03/08) 外車=輸入車、日本車=国産車 と呼ぶ気持ち悪さ
(2014/03/03) 【試乗記】 日産 スカイライン 350GT ハイブリッド Type SP
(2014/02/22) 【試乗記】 マツダ アクセラ スポーツ XD
(2014/02/16) ヴェゼル ガソリン車の試乗予定が絶望的・・・
(2014/02/14) フィット&ヴェゼルのリコール内容がヤバすぎる件
(2014/01/19) 【試乗記】 ホンダ ヴェゼル HYBRID X
(2014/01/19) 今後の試乗記の「乗り心地」がピンチ!
(2014/01/01) BMW 5シリーズ(F10)の、ここがイケてない!
(2013/12/31) 俺様のBMW 528iが納車されたよ!
(2013/12/14) 掘り出し物ゲット!俺様の次の愛車が決定!
(2013/12/09) 悲報、さようならアテンザ号。。。

       【注意!】 当ブログの試乗記について(長文です)

【試乗記】 トヨタ クラウン 3.5アスリートS
CROWN_ATHLETE_convert_20130124045014.jpg

型式 DBA-GRS214-AEZXH
排気量 3.5リッター
最高出力 315ps/6400rpm
最大トルク 38.4kgm/4800rpm
車両本体価格 497万円(税込)
試乗日 2013年1月20日

 2012年12月にフルモデルチェンジした、
クラウンのアスリートに試乗した。
以下に、率直なインプレッションを述べる。

 ただし、先に「2.5アスリート」に試乗済みのため、
ここでは2.5アスリートとの差分についてのみ言及する。




●関連記事
トヨタ クラウン アスリート モデルチェンジ情報
【試乗記】 トヨタ クラウン 2.5アスリート
【試乗記】 トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG
【エクステリア編】 トヨタ クラウン (2012年モデル)
【インテリア編】 トヨタ クラウン (2012年モデル)
【デザイン総括】 トヨタ クラウン (2012年モデル)

【クラウンアスリート メンテナンスDVD】 210系



人気ブログランキングへ


【動力性能】・・・★★★★☆
  平地での加速においても、2.5リッターと比べると明確にトルク感の
 違いを感じられる。坂道ではなおさらだ。
 排気量の差があるだけでなく、2.5のレギュラー仕様に対しこちらは
 ハイオク仕様であることも、さらに力強さの差を感じる要因に
 なっていると思われる。

  そして、3.5アスリートSと2.5アスリートの違いは、エンジンの
 違いだけではない。
 2.5は従来通りの6速ATだが、3.5には8速ATが採用されている。

  新型GSで採用が見送られた8速ATをクラウンに採用するとは。
 おとなしく6速ATにしときゃあ、GS買いに来た客に、

    「クラウンは8速なのに、
     なんでクラウンより高いGSが6速なんだよ」

 などとゴネられずにすむのに。。。
 また中途半端なことして面倒の種を作っちゃいましたね。(^o^;

  まぁそれはともかく、注目の8速ATの感触を注意深く味わってみた。
 結論から言うと、思ってたほどの感動はなかった。
 スムーズでなめらかだし、よく出来たATだと思いますよ、
 思いますけど、街乗りの速度域ではその良さがわかりにくい。
 特に低速域では、アクセルを踏み込んだ時のダイレクト感が薄い。

  同じ8速ATでも、BMWの8速ATは街乗りの速度域でもその特徴を
 強く感じられ、空転感が少なく、低速域からダイレクト感のある感触で
 気持ち良かったが、今回のクラウンの8速ATではそういった感触を
 得ることができなかった。

  まぁでも、それはビーエムの8速ATと比べれば物足りないと
 感じるだけであって、通常のATとして考えれば非常に優秀なATと
 言えるレベルにある。

  というわけで、せっかくの8速ATとの組み合わせだったが、
 街中での試乗では特にその恩恵を感じることはなく、
 6速だった先代の3.5アスリートと同様の動力性能だった。


【乗り心地】・・・★★★★☆
  実はこの3.5アスリートSの試乗に際しては、試乗車がいつもの
 ディーラーに無かったため、ちょっと遠方まで遠征して試乗した。
 なので、いつも試乗で通っている道とは異なる道での評価なので、
 少し公平性を欠いている可能性があることをあらかじめお伝えしておく。

  試乗コースには、あまり長く続くような悪路は無かったのだが、
 それでも何か所かは段差のある個所があった。
 そこを通ったときの感触から察するに、乗り心地に関しては
 2.5アスリートとほとんど差はなさそうだ。

  2.5アスリートが17インチのホイールをはいているのに対し、
 3.5アスリートSは18インチとなるが、特に突き上げの強さなどは
 感じなかった。


【居住性】・・・★★★★☆
  2.5アスリートと同じ。


【静粛性】・・・★★★★★
  2.5アスリートと同じ。

  ちなみに、2.5アスリートでがっかりした「エンジン音の音質」だが、
 こちら3.5アスリートSでも全くと言っていいほど同じ音だった。
 「走る気」にさせない残念な音だ。(-_-)


【内装質感】・・・★★★★★
  2.5アスリートと同じ。


【装備】・・・★★★☆☆
  3.5リッターモデルには、3.5アスリートSと3.5アスリートGの
 2種類しかない。そういう意味でも、やはり「S」グレードが、
 今回の新型クラウンの本当の意味でのベースグレードと言えるだろう。
 (なので、先代のベースグレードだった2.5アスリートと
  今回の新型2.5アスリートは対等な関係ではなく、
  新型の2.5アスリートは明らかな超絶廉価版グレードだ)

  というわけで、「S」グレードなら何とか4つ★は与えられるんじゃ
 ないかと思って装備をチェックしてみたのだが、それでも評価は
 3つ★どまりだ。

  まず、先代(初期型)では標準装備だった装備が、
 今回はいくつか、いや、いくつも省かれてしまっている。
 以下の装備が新型で省かれてしまった装備だ。

  ・インテリジェントAFS
  ・ナビ協調機能付き減衰力制御サスペンション(段差学習)
  ・イージークローザー(フロント/リヤ/ラゲージ)
  ・ドアミラーのリバース連動機能
  ・自動防眩インナーミラー
  ・エアコンの排出ガス検知式内外気自動切替システム
  ・オートワイパー(雨滴感応式)

  ここまで装備を落とされてしまっては、もはやあきれる他ない。
 「プレミアム」な存在だったはずの、クラウンの3.5リッターモデルが
 この装備内容ですからね。ホント、がっかりだ。。。(-_-)


【カーステ音質】・・・★★★★★(ただしオプション)
  今回試乗した試乗車には、16スピーカーを搭載する、オプションの
 「トヨタ プレミアムサウンドシステム」が装備されていた。

  いつも音質チェック用に使用しているCDをかけてみたが、
 これが想像以上に素晴らしい音質!
 低音は、ただドスドスいうだけの下品な安物オーディオとは異なり、
 迫力がありながらも上品な音質!
 高音もすごく繊細に再生されており、音がフェードアウトしていく
 その先の先まで研ぎ澄ましたような澄んだ音で再生されていた!

  そして、音の広がり感、臨場感も格別!
 これは天井にまで埋め込まれたスピーカーが効いているのか、
 とにかく今まで体験したことのない感覚だった。

  これは俺様が過去に聴いたカーオーディオの中でも最高と言って
 間違いない。文句なしの5つ★だ。
 もし新型クラウンを買うのなら、このオプションは絶対につけるべき。
 これは価値ありますよ!


【総評】・・・★☆☆☆☆
  結局、感動できたのはオプションのオーディオの音質だけだった。

  期待の8速ATも、街乗りでは宝の持ち腐れ。
 よほど高速道路ばかり走る人でない限り、その良さを感じるシーンは
 ほとんどない。街乗りなら6速ATとほぼ変わりなしだ。

  装備は何度も言うように、先代よりも明らかに劣っている。
 新型で落とされた装備の数がハンパない。

  というわけで、先代よりも明確によくなったと実感できるのは
 内装の質感くらいで、あとは先代と同レベルかそれ以下というありさま。
 2.5アスリートの試乗記でも書いたが、こんな新型買うくらいなら、
 中古で程度のいい先代(初期型)を探したほうが絶対にいい。

  今回の新型クラウンは、そのフロントグリルのインパクトや、
 ハイブリッドを主力グレードにするなど、大きく変わったような
 印象を世間に与えていると思うが、実はよーく評価してみると、
 悪いほうに変わったところのほうが多いという、
 「とんでもない新型」だということがわかってくる。

  これが黙ってても売れるクルマの怠慢、というやつだろうか?
 とにかく、ここまでわかりやすいコストダウンは久々に見た。

  あのインパクトのあるフロントグリルや、「ピンククラウン」は、
 細かい内容に目が行かないように人々の注意をそらすための
 作戦なのではないか、とまで勘ぐってしまう。

  「それでも新型がいい!」という人は買ってあげて下さい。
 俺にはとても買えません。こんな人を小バカにしたような新型は。(-_-)

  → クラウン関連商品


新車への買い替えで損しないために、
知っておくべきたった1つの事





★目次リンク
  → 試乗記の目次

テーマ:インプレッション - ジャンル:車・バイク

★庶民の方々へ忠告!★

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバック URL
http://aboutcars.blog89.fc2.com/tb.php/63-9428f0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PR


最近のコメント



  俺様のブログ、
  今日は何位かな?
     ↓

  人気ブログランキングへ

人気記事ランキング


SNS

  ツイッターで俺様を
  フォローしたい人は
  こちらから
    ↓



俺様をフォローすると、

・ブログ記事の更新通知
・ブログコメントへの返信通知
・クルマ関連ニュースへのつぶやき
・つまらんニュースへのつぶやき
・試乗に関するつぶやき

などの情報がツイッターで受け取れます。

メールフォーム

俺様と1対1で連絡を取りたい方はこちらからどうぞ


名前(ハンドルネームでも可):
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:
(半角カナは使えません)